積水化学 環境・ライフラインカンパニーのポータルサイト

English

SEKISUI エスロンタイムズ QRコード

a

お探しの製品・資料名を入力して下さい(カナは全角)

課題解決

水道管更新対策

今後、高度成長時代に布設された管路の更新が必要となります。当時は人口、経済とも右肩上がりの時代であったことや内面腐食の問題で大きめの口径で敷設されました。現在では社会情勢が大きく変わり、人口減や節水家電の普及、節水意識の高まりによる給水需要の減少に対応すると共に、安全・快適な水の供給や、災害時にも安定的な給水を実現できる、安定した水道事業に貢献できる方法をご提案します。

課題と解決方法

水道管更新対策

特長

管路更新の際はダウンサイジングを提案します

小口径管の活用により更新コストの削減が図れました。

管路更新の際はダウンサイジングを提案します

高耐震、長寿命の青ポリを提案します

青ポリが持っている地盤追従性により、東日本大震災時においても、地震動による被害も発生せず、高い耐震性が証明されました。

高耐震、長寿命の青ポリを提案します

事例

小口径管を活用しても余裕を持って給水でき、更新コストの縮減を実現できました。

事例
事例

給水装置は「青ポリ + 融着」により漏水ゼロを目指します

漏水事故の9割近くは給水装置(給水引込~メーター間)で発生しており、「青ポリ+融着」により漏水を無くし有収率を向上させることができます。

給水装置は「青ポリ + 融着」により漏水ゼロを目指します
  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ

▲ Top