積水化学 環境・ライフラインカンパニーのポータルサイト

English

SEKISUI エスロンタイムズ QRコード

a

お探しの製品・資料名を入力して下さい(カナは全角)

課題解決

土木インフラ老朽化

社会的課題となっているインフラの老朽化対策。
市民生活、経済活動への影響を最小限に抑えながらインフラを再生させる最新の工法・システムによって、都市機能を持続させます。

パイプラインの老朽化

パイプラインの老朽化

ライフラインなくしては生活できない。普段、目にすることのないライフラインは暮らしの生命線として地中に張り巡らされています。しかし、その生命線にタイムリミットが迫っています。それは老朽化。整備が早く進められた都市部から刻一刻と埋設管路に老朽化の波が押し寄せています。50年前後の耐用年数をもつコンクリート管きょ。耐用年数を超えた管きょの増加で都市部を中心にして、ある日突然”道路が陥没する”という危険が住民に迫っています。さらに急がれる地震対策。地震国日本においてライフラインをいかに健全に保つか?が命題になっています。

詳細ページはこちら

農業水利施設の再生

農業水利施設の再生

日本は農業とともに美しい環境を保ってきました。ため池や堰などを築き、水を貯え、水路を築いて水を引き、水田をはじめとする農地を整備することで自然からの恵みを得ていました。しかし、戦後整備した施設の老朽化が進み、今後も耐用年数を越えた施設は増加していく一方、農業の国際競争力向上も待ったなしの状況です。既存の水利施設を有効活用することで日本の農業に貢献していきます。

詳細ページはこちら

下水道管路調査の効率化

下水道管路調査の効率化

全国的に広がりを見せる下水道管路の老朽化。調査技術の革新による「管路全体の見える化」と計画策定の革新による「管路の全体管理で精査された対策」により、事業費にあったマネジメントが可能です。調査、維持管理から改築に至るまで一連の業務を効率的にサポートします。

詳細ページはこちら

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ

▲ Top